行動経済学

行動経済学

株式投資で損切が大切な理由(ゲーム理論)

ゲーム理論とは 20世紀前半に天才数学者フォン・ノイマンと経済学者モルゲンシュルテンが経済問題を分析するための理論として考えたのが「ゲーム理論」の始まりです。数学者ナッシュなどの研究により発展してきた新しい経済学の一分野です。利害が...
行動経済学

暴落相場で一発逆転を狙っているあなたに、確率荷重関数とは

下げ止まり?次の一手は? 2022年は株価下落が続いています。含み益があっという間に含み損になってしまった人。利食い損切りが遅かったと後悔している人がたくさんいます。 そんなあなたは「意気消沈していないで、次の戦略を考えろ!日...
行動経済学

テスラ(TSLA)の株価、あなたの参照点は?

昨日(2022年4月26日)テスラの株価は12.18%急落 $876.24 あなたは、安いと感じているでしょうか?高いと感じているでしょうか? こちらは5年チャート 企業価値はそう頻繁に変わりませんからフェ...
行動経済学

強欲について 常に早すぎるほど早く利食え

2021年 第3四半期 テスラは2021年10月20日、第3四半期決算で過去最高の売り上げを発表しました。 1~9月期の売上高は361億0400万ドル(約4兆1165億円)前年同期比約1.7倍。純利益は過去最高の31億9800...
行動経済学

損切ったのに、まだ追いかけているのは「執着心」

3か月チャートで振り返るZMの値動き(2021年4月30日基準) Zoomホルダーの皆さんは記憶に新しいと思いますが、ZMは3月初めに突如10%超上昇し、すぐまた安値に沈みました。 この前後に皆さんは何を考えたでしょう。そして...
行動経済学

相場急落!損は得より3倍も苦痛

2022年は辛い相場 米株3指数の一年チャート 3指数とも2021年6月~7月の水準まで下げてきました。 テスラ 2021年も好調だった相場の花形テスラ。こちらもイーロンマスクの株式売却あたりから乱高下。業...
行動経済学

行動経済学で分析するZoomホルダーの心理。

はじめに コロナ禍中に一躍有名になったZoom。このところ株価低調です。チャートを見てみましょう。 2020年3月コロナ禍の広がりとともにユーザーが爆発的に伸び、株価はうなぎ上り。2020年10月19日終値で最高値の$...
行動経済学

SNSの株クラ界隈には要注意

株クラで投資法を語る人 SNSの「株クラ界隈」には、さりげなく成功自慢をする人や、投資法を説く人がたくさんいます。でもこうした人にミスリードされて後悔する人も後を絶ちません。いったいどんな人たちが生息しているのでしょう。 儲け...
行動経済学

高配当株投資が人気の理由

この記事では、行動経済学等の知見をベースに高配当株投資に惹かれる心理について書いています。 無秩序で意味の無いもの、予測できないものは嫌い 人は予測できないことが多いと不安になります。見えないものに恐怖を持つようになります。そ...
行動経済学

みんな「じっちゃま」が大好きな理由。投資家の心理。

はじめに 有名ユーチューバー「じっちゃま」こと広瀬隆雄さん。米国在住で豊富な経験をもとに米国株に関する情報を発信されています。マーケットを知り尽くした広瀬さんならでは。自分も参考にさせていただいています。この記事は広瀬さんの優れた知...
タイトルとURLをコピーしました