投資

投資

NISA(一般) 失敗談。

少額投資非課税制度NISA。非課税投資枠は毎年120万円、非課税期間は5年間ですが、NISA口座で投資信託や株を買って、大損したまま塩漬けしている人はいないでしょうか? 損しているとNISAのメリットは全然ありません。 昭和課...
投資

ARCC マネックス証券がエイリス・キャピタルの取扱停止。その理由とは

高配当好きの米国株投資家に人気があるBDC(Business Development Company)。その最大手がARCCです。このBDC、SBI証券に続きマネックス証券でも取り扱いを停止するとの発表がありました。新規購入はダメ。保有株...
投資

米国高配当BDC、ARCCとは?日本のネット証券では買えません。BDC組み入れ投信はありますが。。

米国BDCとは 米国で上場されているBDC(Buisiness Development Company)は、端的にいうと中小企業にお金を貸して高い利息をとり、株主に分配してくれる金融会社の総称のことです。創業期のグーグル、アップルな...
投資

2020年、株式取引の振り返り

まずはNYダウ平均、年初来の値動きです。 Trading View 提供 年初(2020/01/02)     $28,868.80安値(2020/3/23)     $18,591.93直近(2020/12/18)    $...
投資

AT&T(T)が2005年以来の増配停止

配当貴族AT&Tが12月11日、4半期配当を発表しました。毎年2月の配当時に$0.01増配してきましたが、今回発表した2021年2月1日支払いの配当は前回と同じ一株あたり$0.52です。 AT&Tの株価はコロナ禍直後の下げが...
投資

株主優待、お勧めの3銘柄

今回はコロナ禍による2度目の非常事態宣言のさなか、妙味が出てきたレジャー・外食系優待株3銘柄をご案内します。 (追伸)この記事を書いたのは2度目の非常事態宣言が発令されていた2021年4月でしたが、その後2021年7月25日現在東京...
投資

テスラとZoomをどうする。テスラは昨晩(現地12月1日)売却しました。

テスラ株売却しました。今年のテスラ株取引の収益は約160万円でした。年間上昇率約598%を考えれば微々たる額です。約500万円を投じていたので、32%の利益でした。 テスラのSP500採用の発表時、組み入れを2度に分けて実施するか1...
投資

若者は時間を味方にインデックス投資。老人はハイリスク投資が面白い。

個別株のアクティブ投資は長い目で見れば市場ポートフォリオ(インデックス)のパフォーマンスに敵わないので、全世界株インデックスと安全資産でポートフォリオを組むべし。これが投資を勉強した人がたどり着く結論です。 20代、30代、40代ぐ...
投資

2021年の投資戦略、コアサテライト?

このところ「コアサテライトイト戦略」という表現を散見します。コアとして主要なポジションはSP500インデックスETF(VOO)や米国全株式インデックスETF(VTI)に割り当て、残りをサテライト的にグロース株に投資するというものです。 ...
投資

テスラはこの後どうなる?2005年のあの日・・

SP500採用が決まったテスラ(米国時間11月16日発表、組み入れ日12月21日)。 昨日(米国11月17日)の米国市場では朝高後に下げたものの+8.21%で終了。さて、これからどうなるのでしょう? 昭和課長が思い出したのは、...
タイトルとURLをコピーしました