となりの億万長者

億万長者はどんな人? 成功した実業家、大金持ちの御曹司、プロスポーツ選手、芸能人、医者、弁護士。金持ちといえば、こんなイメージ。 投資で成功した「億り人」もいるやに聞きますが、株式投資で一攫千金をめざしてもそう簡単にはいきませ...

追悼石原慎太郎さん お勧めの作品は

石原慎太郎氏の訃報が流れました。都知事時代の印象が強い石原氏ですが、もともとは「太陽の季節」で芥川賞を受賞した作家です。 多作でしたが自分の印象にのこったのは、次の2作品でした。「太陽の季節」や私小説類は発行当時鮮烈な印象があったの...

行政書士試験不合格体験記、本当におすすめの教材は

令和2年の受験結果 昨年令和2年11月に行政書士試験を受験し、134点(合格点180点以上)で不合格になりました。当方、受験時56歳。得点の構成はこうです。 法令 90点/244点 一般知識 44点/56点 合計 ...

お金の名著。金融リテラシー

お金の名著を振り返ってみました。 バビロンの大富豪 1920年代に書かれた本。読み終えれば単純なことを言っているだけなのですが、それでも読後にインパクトが残る不思議な本です。 私の財産告白 バビロン日本版。お金...

成功者がみんな読んでる「私の財産告白」本多静六著

本多静六(1866年~1952年)は、日比谷公園を設計した林学者、東京大学教授です。株式投資家、蓄財家としても知られています。地道な蓄財と投資で巨万の富を築き定年退官後は匿名で全財産を寄付したといわれています。 本多先生の著作「私の...

ショートカットキー超速時短術

パソコン操作にマウスは必須と思っていましたが、ショートカットキーで「こんなにいろんなことができるんだ!」と驚きました。 本屋さんで「ショートカットキー超速時短術」を見たのです。 これまで、コピー・ペーストをするのにCTR+...

株価の暴落のあとに必ず読まれる恐慌論の名著「大暴落1929」

2008年リーマンショックが起きた後、本屋さんの店頭にジョン・K・ガルブレイス著「大暴落1929」が山積みされました。 当時買い求めた1冊が今も手元にあります。本の帯には「株価暴落のあとに必ずよまれる恐慌論の名著」とありますが、20...

グリーンスパンFRB議長が心酔したアインランドの「水源」「肩をすくめるアトラス」とは

第13代米国連邦準備制度理事会(FRB)議長のアラン・グリーンスパンが若き日に心酔したというロシア系アメリカ人思想家にアイン・ランドという女性がいます。今でも政府高官、有力保守政治家・起業家に支持者多数と言われています。20世紀アメリカで...
タイトルとURLをコピーしました